八雲塗り-暮らしを飾る松江の漆器-

さんいんパル
0
イベント開催年月日: 2019年4月19日~6月9日

松江が誇る文化の一つである八雲塗りは、
明治20年頃に松江藩の駕籠塗師であった
坂田平一が製作した漆器と伝えられ、
大正・昭和を経て現在の姿へと続いています。
今からちょうど130年前の松江市制とほぼ同時期に
誕生し、明治・大正・昭和・平成、そして次元号へと
時代の変化を見つめてきた八雲塗。
草創期の坂田平一作の漆器から昭和までの作品を
通して、その移り変わりをたどり、八雲塗の魅力を
改めて見つめます。

※休館日/5月16日


  • 開催年月日 : 2019年4月19日~6月9日
  • 開催時間 : 開館:午前8時30分~午後6時30分
  • 開催場所 : 松江市殿町 松江歴史館
  • 参加費用 : 観覧料:大人500円、小・中学生250円
  • お問い合わせ先 : 0852-32-1607(松江市立松江歴史館)

トラックバック(0)

トラックバックURL: http://www.sanin-pal.net/mt/mt-tb.cgi/6378

コメントする

お願い

掲載イベントの詳細については、主催者にお問い合わせいただきますようお願いいたします。

山陰の仲間たち

陶山税理士事務所

山陰のイベント情報

ホームページ制作します

山陰PALネット

南部町恋さーくる

MICHIエテルナビューティ

補聴器の店YONAGO

珈琲屋吹野


アクセスランキング

タグクラウド

a